小豆島 肥土山・中山地区へ行こう!行き方と観光情報

スポンサーリンク

小豆島 中山千枚田

のどかな田園風景が広がる小豆島の肥土山・中山地区
美しい棚田、良質な水、そしておいしいお米が採れる地域です。

瀬戸内国際芸術祭の会場の一つにもなっていますね。

肥土山・中山地区を訪れた場合の回り方をまとめてみました。

 

小豆島への行き方はこちらのページをどうぞ。

日本のエーゲ海、小豆島へ!小豆島への行き方を紹介【香川、岡山、兵庫】

 

小豆島の観光情報はこちらのページをどうぞ。

小豆島へ行こう!小豆島の回り方と観光情報

スポンサーリンク

土庄港から肥土山・中山地区への行き方

土庄港から肥土山・中山地区へはバスの便があります。
所要時間は20分弱くらい、料金は大人(12歳以上)が300円です。

バスの時間が合わずにタクシーを利用したことがあるのですが、土庄港からバス停の常盤橋までが2000円(2013年当時)でした。
バスよりは割高になりますが、荷物が多いなど、状況によっては便利だと思います。

瀬戸内国際芸術祭で肥土山・中山地区を回る

小豆島 肥土山・中山地区

作品の数や内容は芸術祭の開催ごとに異なりますが、ざっくりとこんな感じです。

バス停は常盤橋春日神社前が使いやすいでしょう。

常盤橋は近くの民家に展示されている作品(2016年は作品「うみのうつわ」)、屋外展示の「猪鹿垣の島」を鑑賞することができます。

春日神社前からは竹でできた家(2016年の作品名は「オリーブの夢」)が近いですね。

 

常盤橋から竹の家が展示されているあたりまでは約2km。
バスで移動するのもいいですし、わたしは景色を楽しみながらブラブラと歩いています。

小豆島 常盤橋から春日神社への遊歩道

川沿いの道になるのでわかりやすいですよ。
途中から川を離れますが、迷うことはないと思います。

心配ならバス道(一般道)を歩くのも手ですが、思いのほかアップダウンがあります。

肥土山・中山地区の見どころ

肥土山農村歌舞伎舞台

明治33年に復元された舞台で離宮八幡神社の境内にあります。
毎年5月3日に「肥土山農村歌舞伎」が奉納されていますよ。
約300年続いている郷土芸能です。

中山千枚田

小豆島 中山千枚田

中山地区は米どころ。
季節を選ぶと美しい田園風景に出会えますよ。

写真は春日神社から奥に入ったところです。

中山農村歌舞伎舞台

中山農村歌舞伎舞台

昭和62年3月に重要有形民俗文化財に指定。

小豆島関連記事

小豆島の関連記事一覧

小豆島への行き方・回り方
小豆島の観光スポット
小豆島で食べる

HOMEMAKERS(肥土山)

こまめ食堂(中山)

瀬戸内国際芸術祭レポート

小豆島2010【1回目】

小豆島2013【1回目】

小豆島2013【2回目】

小豆島2016【1回目】

小豆島2016【2回目】

せとうち島めぐり
小豆島
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
さえをフォローする
スポンサーリンク
せとうち島めぐり

コメント