瀬戸内の島を訪れてみませんか?
「せとうち島めぐり」では瀬戸の島々への行き方や島の回り方、
観光スポット、食事処、瀬戸内国際芸術祭を紹介しています。

さえ

小豆島

日本のエーゲ海、小豆島へ!小豆島への行き方を紹介【香川、岡山、兵庫】

オリーブの木々が塩風に揺れる小豆島。 小豆島へはどうやって行くの? 切符はどこで買える? このページでは小豆島への行き方と高松港の切符売り場を紹介しています。
小豆島

高松東港から小豆島へ!ジャンボフェリー高松乗り場の案内

小豆島への船の便はいくつかありますが、選択肢のひとつにジャンボフェリーがあります。 ジャンボフェリーは小豆島の坂手港を経由して、神戸まで運行しています。 坂手港にはヤノベケンジの「スター・アンガー」や、近くにはビートたけしXヤノベケンジの「アンガー・フロム・ザ・ボトム」がありますよ。 このページではジャンボフェリーの高松の乗り場を紹介しています。
小豆島

小豆島へ行こう!小豆島の回り方と観光情報

「日本のエーゲ海」とも称される小豆島(しょうどしま)。 日本で最初にオリーブの栽培に成功し、島のあちこちでオリーブの葉が潮風を受けて揺れています。 「二十四の瞳」をはじめとする数々の映画の舞台にもなり、瀬戸内国際芸術祭の会場にもなっています。 このページでは小豆島の観光情報を紹介しています。
直島

直島への行き方。高松港の乗り場とフェリー・高速船の案内

島にアートが溶け込んでいる直島。 直島へはどうやって行くの? 切符はどこで買える? このページでは直島への行き方と高松港の切符売り場を紹介しています。
直島

アートの島直島へ行こう!直島の回り方と観光情報

「アートの島」として世界的にも注目されている直島。 島を文化的な場所にしたいという当時の直島町長の思いと福武書店(現・ベネッセ)によって、1980年代後半からアートの島への道を歩んでいます。 このページでは直島島内の移動手段と観光情報をまとめています。
粟島

粟島への行き方。須田港の切符売り場とフェリーの案内

藤井フミヤさんが「もう一度行きたい島」の1位に挙げたことで注目された粟島(あわしま)。 粟島へはどうやって行くの? 切符はどこで買える? このページでは粟島への行き方を紹介しています。
直島

直島のレンタサイクル

直島を回る方法の一つにレンタサイクルがあります。 このページでは直島で自転車を借りることができるところをまとめて紹介しています。
小豆島

小豆島 肥土山・中山地区へ行こう!行き方と観光情報

のどかな田園風景が広がる小豆島の肥土山・中山地区。 美しい棚田、良質な水、そしておいしいお米が採れる地域です。 瀬戸内国際芸術祭の会場の一つにもなっていますね。 肥土山・中山地区を訪れた場合の回り方をまとめてみました。
小豆島

【小豆島/肥土山】HOMEMAKERS(ホームメイカーズ)|新鮮な自家製野菜をたのしめるカフェ

HOMEMAKERSは小豆島の肥土山地区にある、週2日間だけ営業しているカフェ。2012年に都会から小豆島へ移住し、野菜やハーブ、果物を育てているご夫婦が営んでいます。 古民家を改装したお店で自家製野菜をたっぷりつかったランチを楽しむことができる素敵なカフェです。
豊島

豊島への行き方。高松・宇野・直島・小豆島から豊島へ!

瀬戸内の穏やかな景色を楽しむことができる豊島(てしま)。 豊島へはどうやって行くの? 切符はどこで買える? このページでは豊島への行き方と高松港の切符売り場を紹介しています。