さえ

Topics

「SHIP’S CAT」を探そう!「SHIP’S CAT + keme3 2019祝祭 -おいでまい 高松丸亀町商店街-」|瀬戸内国際芸術祭2019県内連携事業

現代美術作家ヤノベケンジさんの作品SHIP'S CATが、期間限定で高松丸亀町商店街に展示されています。 "島ネタ"ではありませんが瀬戸内国際芸術祭2019で香川に足を運ぶアートファンも多いのでSHIP'S CATについて紹介...
小豆島

【小豆島/馬木】森國ベーカリー|酒米の米粉を使った路地裏のパン屋さん

小豆島で唯一の酒造、森國酒造が手掛ける森國ベーカリー。 酒米の米粉を使ったパンや酒粕を用いたスコーンなど、酒造メーカーらしいパンが並んでいます。 小振りなパンは観光の合間のおやつにもピッタリ。イートインコーナーがあるので休憩がてら店内でゆっくりと食べるのも良し、テイクアウトをするのもいいでしょう。 森國ベーカリーに行ってみたので紹介します。
小豆島

日本のエーゲ海、小豆島へ!小豆島への行き方を紹介【香川、岡山、兵庫】

オリーブの木々が塩風に揺れる小豆島。 小豆島へはどうやって行くの? 切符はどこで買える? このページでは小豆島への行き方と高松港の切符売り場を紹介しています。
犬島

高松から犬島へは直接行けない?高松港から犬島への行き方

瀬戸内国際芸術祭がきっかけになって知った犬島。 行ってみよう!と思ったものの、あれ、高松からは船の便がない? 犬島は芸術祭が開催される島の中で唯一岡山県の島なんですね。 このページでは高松から犬島への行き方をまとめてみました。
小豆島

高松東港から小豆島へ!ジャンボフェリー高松乗り場の案内

小豆島への船の便はいくつかありますが、選択肢のひとつにジャンボフェリーがあります。 ジャンボフェリーは小豆島の坂手港を経由して、神戸まで運行しています。 坂手港にはヤノベケンジの「スター・アンガー」や、近くにはビートたけしXヤノベケンジの「アンガー・フロム・ザ・ボトム」がありますよ。 このページではジャンボフェリーの高松の乗り場を紹介しています。
小豆島

小豆島へ行こう!小豆島の回り方と観光情報

「日本のエーゲ海」とも称される小豆島(しょうどしま)。 日本で最初にオリーブの栽培に成功し、島のあちこちでオリーブの葉が潮風を受けて揺れています。 「二十四の瞳」をはじめとする数々の映画の舞台にもなり、瀬戸内国際芸術祭の会場にもなっています。 このページでは小豆島の観光情報を紹介しています。
高松

どこに泊まる?高松港周辺にあるホテルの立地と環境

瀬戸の島旅。 島で宿泊するのも楽しいけれど、複数の島へ訪れる場合や島+高松観光であれば高松で宿泊したほうがやっぱり便利です。 でも初めて訪れる街の場合、周辺になにがあるのかよくわからない、この場所のホテルで不便はないかな?と...
女木島

女木島・男木島への行き方。高松港の切符売り場と桟橋、フェリーの案内

女木島・男木島へ。高松港の切符売り場とフェリー乗り場を紹介しています。切符を買うときに気を付けたいポイントもありますよ。青い海に赤い船体が映えるめおんに乗って、女木島・男木島までの船旅をどうぞ。
小豆島

小豆島 肥土山・中山地区へ行こう!行き方と観光情報

のどかな田園風景が広がる小豆島の肥土山・中山地区。 美しい棚田、良質な水、そしておいしいお米が採れる地域です。 瀬戸内国際芸術祭の会場の一つにもなっていますね。 肥土山・中山地区を訪れた場合の回り方をまとめてみました。
小豆島

小豆島 三都半島はこう回ろう!【瀬戸内国際芸術祭島2013】

瀬戸内国際芸術祭の会場の一つ、三都半島(みとはんとう)。三都半島はバスの便が多くないので、芸術祭の時はどう回るといいのかが悩みの種。地元の方に教えてもらったのですが、三都半島の作品鑑賞は順番ではなくジグザグに回ったほうが効率がいいのです。このページでは瀬戸内国際芸術祭2013のときの回り方のモデルプランを紹介しています。