小豆島 三都半島はこう回るのがベスト!【瀬戸内国際芸術祭島2016】

瀬戸内国際芸術祭2016 小豆島・三都半島の回り方 小豆島
スポンサーリンク

瀬戸内国際芸術祭の会場の一つ、三都半島(みとはんとう)。

三都半島はバスの便が多くないので、芸術祭の時はどう回るのがいいのかな?と悩んでしまいます。

地元の方に教えてもらったのですが、三都半島の作品鑑賞は順番ではなくジグザグに回ったほうが効率がいいのです。

この記事では瀬戸内国際芸術祭2016のときの回り方のモデルプランを紹介しています。

スポンサーリンク

三都半島の作品を順番に見て回る場合

まずは比較のために三都半島の作品を順番に鑑賞した場合の時間を書いてみますね。

高松港8:32発のフェリーに乗って、池田港に9:32到着でプランをつくっています。

小豆島 三都半島の作品展示場所(瀬戸内国際芸術祭2016)

池田港→小豆島ふるさと村

池田港 9:40発【三都西線】

小豆島ふるさと村 9:49着

*小豆島ふるさと村での鑑賞時間は約25分

小豆島ふるさと村発→吉野浜(よしのはま)

小豆島ふるさと村 10:14発【芸術祭特別便】

吉野浜 10:20着

*吉野浜での鑑賞時間は1時間25分

吉野浜(よしのはま)→蒲野(かまの)

吉野浜 11:45発【芸術祭特別便】

蒲野 11:50着

*蒲野での鑑賞時間は1時間30分

蒲野(かまの)→神浦(こうのうら)

蒲野 13:20発【三都西線】

神浦 13:27着

*神浦から市神子への無料送迎がサービスがあります。

順番に鑑賞するとバスの便数の関係で各場所での滞在時間がどうしても長くなります。
時間に追われずゆっくりと鑑賞したい方はこのプランでもいいですね。

神浦への到着は13時半。
神浦から池田港に戻るバスは14:46発、15:31発、17:01発があります。

三都半島をジグザグに見て回る場合

2013年の時のようにジグザグで鑑賞するプランです。

フェリーは高松港8:32発、池田港に9:32到着の便を使っています。

小豆島 三都半島の作品展示場所(瀬戸内国際芸術祭2016)

池田港→小豆島ふるさと村

池田港 9:40発【三都西線】

小豆島ふるさと村 9:49着

*小豆島ふるさと村での鑑賞時間は約25分

小豆島ふるさと村→蒲野(かまの)

小豆島ふるさと村 10:14発【芸術祭特別便】

蒲野 10:25着

*蒲野での鑑賞時間は23分

蒲野(かまの)→吉野浜(よしのはま)

蒲野 10:58発【芸術祭特別便】

吉野浜 11:03着

*吉野浜での鑑賞時間は42分

吉野浜(よしのはま)→神浦(こうのうら)

吉野浜 11:45発【芸術祭特別便】

神浦 11:57着

*神浦から市神子への送迎がサービスがあります。

小豆島 瀬戸内国際芸術祭2016 島の家こうのうら

お昼前に神浦に到着できました!

神浦から池田港に戻るバスは14:46発か15:31発あたりでしょうか。
17:01の便まで滞在することはないでしょう。

瀬戸内国際芸術祭2016 三都半島まとめ

順番に観て回った時よりも、ジグザグで回ったときのほうが神浦への到着が1時間30分ほど早くなります。各場所での鑑賞時間も長すぎず短すぎず、ちょうどいい感じですね。

ただ、バスの便数の関係で、順番に回ってもジグザグ回っても神浦から乗るバスの時間は同じになりそうです。

他に気になる点は昼食をどうするかでしょうか。

順番に回った場合は蒲野で12時を迎えます。
ジグザグの場合は神浦で12時ですね。

三都半島ではあまりお店を見かけないので、持参するのも方法1つ。持参した場合はどこで食べるかを考える必要があります。

神浦では軽食や飲み物のお接待をしていました。
食事の点では神浦で食事をとることができるジグザグのほうが便利そうです。

小豆島 瀬戸内国際芸術祭2016 島の家こうのうら

瀬戸内の島の本

created by Rinker
マガジンハウス
¥2,391 (2020/11/30 15:35:28時点 Amazon調べ-詳細)

小豆島関連記事

小豆島の関連記事一覧

小豆島への行き方・回り方
小豆島の観光スポット
小豆島のホテル
小豆島で買う
小豆島で食べる
瀬戸内国際芸術祭レポート

小豆島2010【土庄本町・中山・肥土山】

小豆島2013【福田・馬木・坂手】

小豆島2013【三都半島】

小豆島2013【土庄本町・肥土山・中山】

小豆島2016【土庄本町・肥土山・中山】

小豆島2016【三都半島・肥土山・小海・大部】

小豆島2016【馬木・坂手・福田】

小豆島2019【三都半島・肥土山・土庄】

高松港周辺のホテル
せとうち島めぐり
小豆島
スポンサーリンク
さえをフォローする
せとうち島めぐり

コメント

スポンサーリンク