高松東港から小豆島へ!ジャンボフェリー高松乗り場の案内

スポンサーリンク

ジャンボフェリー高松乗り場

高松から小豆島へ行きたい!
小豆島への船の便はいくつかありますが、選択肢のひとつにジャンボフェリーがあります。

ジャンボフェリーは小豆島の坂手港を経由して、神戸まで運行しています。
(一部、小豆島に寄らない便もあります)

坂手港にはヤノベケンジの「スター・アンガー」や、近くにはビートたけしXヤノベケンジの「アンガー・フロム・ザ・ボトム」がありますよ。

このページではジャンボフェリーの高松の乗り場を紹介しています。

高松港からの小豆島行きの船についてはこちらのページにまとめてあります。

日本のエーゲ海、小豆島へ!小豆島への行き方を紹介【香川、岡山、兵庫】

スポンサーリンク

ジャンボフェリー高松の乗り場の場所

ジャンボフェリーの乗り場があるのは高松東港
JR高松駅近くの高松港ではないので、間違えないように気を付けてください。

 

ジャンボフェリー乗り場とJR高松駅の間は無料送迎バスが運行しています。
バスはフェリーの時間に合わせているので、公式サイトで時間を確認してくださいね。

高松東港と高松港

ジャンボフェリー高松乗り場の送迎用駐車場、乗船用駐車場

ジャンボフェリー高松乗り場

ジャンボフェリー乗り場はこんな建物です。

車で来た場合は「乗船用入り口」と「送迎用入り口」があったので、間違えないように気を付けてくださいね。

「乗船用入り口」に入ると車ごとフェリーに乗っちゃいますよ!

 

送迎用入り口から建物へ行くと、こんな感じになっています。
写真の右側が建物、左側が送迎用の一時的な駐車場。

ジャンボフェリー高松乗り場

 

近くにはジャンボフェリーを利用する方のための無料駐車場と駐輪場もあります。
高松東港は少し不便な場所にあるので、車でここまで来てフェリーは身一つで乗りたい人にはうれしい配慮ですね。

ジャンボフェリー高松乗り場 無料駐車場

ジャンボフェリー高松乗り場 駐輪場

建物内の様子

では、建物の中に入ってみましょう。

ジャンボフェリー高松乗り場

 

入ってすぐの場所に、切符売り場と乗船口の案内が出ています。
矢印に従って、切符売り場のほうへ進みます。

ジャンボフェリー高松乗り場

 

レンタサイクルがありました。
1日300円で借りることができます。
高松は比較的平坦な街なので、自転車で回るのもオススメ。

ジャンボフェリー高松乗り場 レンタサイクル

 

切符売り場の窓口はこんな感じになっています。

ジャンボフェリー高松乗り場 切符売り場

 

カウンターの横に徒歩客用の券売機がありますが、ここで購入できるのは神戸行きのみだそうです。

小豆島へ行く方は窓口のほうで切符を購入してくださいね。

ジャンボフェリー高松乗り場 徒歩客用券売機

以前はジャンボフェリーに乗るときは乗船名簿を記入しなければいけなかったのですが、2018年9月現在、混雑緩和のため乗船名簿の記入が不要になっています。

この取り組みは高松と小豆島の坂手港のみで、神戸港では乗船名簿の記入が必要なので、気を付けてくださいね。

 

2018年9月現在の運賃と運航時刻はこんな感じです。
最新情報は公式サイトで確認するようにしてくださいね。

ジャンボフェリー高松乗り場 運賃と時刻表

 

待合所に目を向けてみましょう。
たくさんの椅子があり、また自動販売機やゲーム機が並んでいます。

ジャンボフェリー高松乗り場 待合所

 

待合所の一角には喫茶はなみずきがあります。
営業時間は11:30~14:00とランチタイムの営業のようです。
平日のみタイムランチ(600円)があり、ほかのメニューはうどん各種、カレー、牛丼といった感じです。

ジャンボフェリー高松乗り場 「はなみずき」

 

数は少ないのですがコインロッカーもありました。

ジャンボフェリー高松乗り場 コインロッカー

 

JR高松駅に行きたい場合は、無料送迎バスがあります。
乗り場は大きく表示しているので、わかりやすいと思いますよ。

ジャンボフェリー高松乗り場 無料送迎バス 乗り場

 

建物から出るとすぐ乗り場があります。
JR高松駅に行く場合は、乗り遅れないようにしてくださいね。

ジャンボフェリー高松乗り場 無料送迎バス乗り場

小豆島関連記事

小豆島の関連記事一覧

小豆島への行き方・回り方
小豆島の観光スポット
小豆島で食べる

HOMEMAKERS(肥土山)

こまめ食堂(中山)

瀬戸内国際芸術祭レポート

小豆島2010【1回目】

小豆島2013【1回目】

小豆島2013【2回目】

小豆島2016【1回目】

小豆島2016【2回目】

せとうち島めぐり
小豆島
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
さえをフォローする
スポンサーリンク
せとうち島めぐり

コメント