小豆島

小豆島

【小豆島/馬木】森國ベーカリー|酒米の米粉を使った路地裏のパン屋さん

小豆島で唯一の酒造、森國酒造が手掛ける森國ベーカリー。 酒米の米粉を使ったパンや酒粕を用いたスコーンなど、酒造メーカーらしいパンが並んでいます。 小振りなパンは観光の合間のおやつにもピッタリ。イートインコーナーがあるので休憩がてら店内でゆっくりと食べるのも良し、テイクアウトをするのもいいでしょう。 森國ベーカリーに行ってみたので紹介します。
小豆島

日本のエーゲ海、小豆島へ!小豆島への行き方を紹介【香川、岡山、兵庫】

オリーブの木々が塩風に揺れる小豆島。 小豆島へはどうやって行くの? 切符はどこで買える? このページでは小豆島への行き方と高松港の切符売り場を紹介しています。
小豆島

高松東港から小豆島へ!ジャンボフェリー高松乗り場の案内

小豆島への船の便はいくつかありますが、選択肢のひとつにジャンボフェリーがあります。 ジャンボフェリーは小豆島の坂手港を経由して、神戸まで運行しています。 坂手港にはヤノベケンジの「スター・アンガー」や、近くにはビートたけしXヤノベケンジの「アンガー・フロム・ザ・ボトム」がありますよ。 このページではジャンボフェリーの高松の乗り場を紹介しています。
小豆島

小豆島へ行こう!小豆島の回り方と観光情報

「日本のエーゲ海」とも称される小豆島(しょうどしま)。 日本で最初にオリーブの栽培に成功し、島のあちこちでオリーブの葉が潮風を受けて揺れています。 「二十四の瞳」をはじめとする数々の映画の舞台にもなり、瀬戸内国際芸術祭の会場にもなっています。 このページでは小豆島の観光情報を紹介しています。
小豆島

小豆島 肥土山・中山地区へ行こう!行き方と観光情報

のどかな田園風景が広がる小豆島の肥土山・中山地区。 美しい棚田、良質な水、そしておいしいお米が採れる地域です。 瀬戸内国際芸術祭の会場の一つにもなっていますね。 肥土山・中山地区を訪れた場合の回り方をまとめてみました。
小豆島

小豆島 三都半島はこう回ろう!【瀬戸内国際芸術祭島2013】

瀬戸内国際芸術祭の会場の一つ、三都半島(みとはんとう)。三都半島はバスの便が多くないので、芸術祭の時はどう回るといいのかが悩みの種。地元の方に教えてもらったのですが、三都半島の作品鑑賞は順番ではなくジグザグに回ったほうが効率がいいのです。このページでは瀬戸内国際芸術祭2013のときの回り方のモデルプランを紹介しています。
小豆島

小豆島 三都半島はこう回るのがベスト!【瀬戸内国際芸術祭島2016】

瀬戸内国際芸術祭の会場の一つ、三都半島(みとはんとう)。三都半島はバスの便が多くないので、芸術祭の時はどう回るのがいいのかな?と悩んでしまいます。 地元の方に教えてもらったのですが、三都半島の作品鑑賞は順番ではなくジグザグに回ったほうが効率がいいのです。この記事では瀬戸内国際芸術祭2016のときの回り方のモデルプランを紹介しています。
小豆島

【小豆島/池田】国民宿舎 小豆島|山の上の瀬戸内海を見渡せるお宿

国民宿舎 小豆島に泊まりました。国民宿舎 小豆島は池田港からほど近い、山の上にあります。山の上なので展望はバツグン。とくに島々の向こうに沈みゆく夕陽はなんともいえない美しさです。国民宿舎 小豆島、公共の宿ふるさと荘、ファミリーロッジと3タイプの施設があり、私が宿泊したのはふるさと荘。コンクリートの壁と木製のドアがモダンな雰囲気を醸し出す宿です。
小豆島

【小豆島/土庄】小豆島ラーメンHISHIO|カタクチイワシでとったスープと小豆島のヤマロク醤油をつかったラーメン

多くの醤油蔵がある小豆島。その中で昔ながらの杉樽で醤油を仕込んでつくるヤマロク醤油をつかったラーメンを提供しているのが小豆島ラーメンHISHIO(ひしお)です。 内海産のカタクチイワシでとったスープに小豆島産の醤油。トッピングには小豆島産のもろみを使い、小豆島の旨味を堪能できるラーメン店です。
小豆島

【小豆島/肥土山】HOMEMAKERS(ホームメイカーズ)|新鮮な自家製野菜をたのしめるカフェ

HOMEMAKERSは小豆島の肥土山地区にある、週2日間だけ営業しているカフェ。2012年に都会から小豆島へ移住し、野菜やハーブ、果物を育てているご夫婦が営んでいます。 古民家を改装したお店で自家製野菜をたっぷりつかったランチを楽しむことができる素敵なカフェです。