瀬戸内の島を訪れてみませんか?
「せとうち島めぐり」では瀬戸の島々への行き方や島の回り方、
観光スポット、食事処、瀬戸内国際芸術祭を紹介しています。

男木島|島のうまみを詰め込んだ、Dream cafe(ドリームカフェ)

スポンサーリンク

瀬戸内国際芸術祭2010の時にできたDream cafe(ドリームカフェ)

基本的に瀬戸内国際芸術祭の期間中のみの営業です。

スポンサーリンク

Dream cafe(ドリームカフェ)

男木島 Dream cafe(ドリームカフェ)

撮影:2013年

路地を歩いていると、大きな木が木陰をつくるカフェが目に飛び込んできました。

注文を受け付ける小さな建物と、座席はすべて屋外で、島を見下ろせるカウンターテーブルや腰を掛けるための床几台(きしょうだい)が置かれています。

めおんバーガー

男木島 Dream cafe(ドリームカフェ)のメニュー

撮影:2010年

Dream cafe(ドリームカフェ)のイチオシメニューはなんといってもめおんバーガー

瀬戸内産の魚のすり身をカツにし、香川県産のレタスとトマト、玉ねぎ、卵、干しエビ、ロースハムを挟んで特性のピーナツソースをかけているんですよ。

瀬戸内国際芸術祭2010のときに開発された、島の味がつまったハンバーガーです。

男木島 Dream cafe(ドリームカフェ)のめおんバーガー

撮影:2010年

 

男木島 Dream cafe(ドリームカフェ)のめおんバーガー

撮影:2016年

ふわりとしたバンズ、からりと揚がったフライ。
干しエビの風味がいいアクセントになっています。
瀬戸の恵みを詰め込んだ、ご当地バーガー。
瀬戸内国際芸術祭の期間中に男木島に訪れたら、ぜひ味わってもらいたい一品です。

たこを使ったサイドメニュー

めおんバーガーのほかに、たこを使ったサイドメニューもあります。

こちらはその年によってメニューが変わるのかな?

2013年は瀬戸内のクラムチャウダーと名付けられた、タコやジャコが入っているチャウダーがありました。

男木島 Dream cafe(ドリームカフェ)の「瀬戸内のクラムチャウダー」

「瀬戸内のクラムチャウダー」

写真で見てわかるように、ぷりんっとしたタコが入っています。

男木島を訪れた日はちょうど寒い日だったので、クラムチャウダーで体を温めることができました。

2016年のメニューにあったのはタコのサラダ
揚げたタコをサラダの上にトッピングしています。

男木島 Dream cafe(ドリームカフェ)の「タコのサラダ」

このほかドリンク類やスイーツもそろっていますよ。

Dream cafe(ドリームカフェ)の奥が作品展示の場になっているので、気軽に立ち寄ることができるのも魅力です。

男木島関連記事

瀬戸内国際芸術祭の男木島レポートはこちらからどうぞ!
利用した船の時間、回った順番、食事をしたところを中心に書いています。
芸術祭で男木島を訪れるときの参考にしてください。

  • 瀬戸内国際芸術祭2010
  • 瀬戸内国際芸術祭2013
  • 瀬戸内国際芸術祭2016

男木島の記事一覧

せとうち島めぐり
男木島
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
さえをフォローする
スポンサーリンク
せとうち島めぐり

コメント