瀬戸内国際芸術祭2019|男木島作品鑑賞レポート

瀬戸内国際芸術祭2019 男木島レポート 男木島

瀬戸内国際芸術祭2019の男木島レポートです。

このページでは男木島への船の時間、作品鑑賞の順番、食事、島であったことをまとめています。作品の感想よりも回った順番をメインに書いていますので、芸術祭で男木島へ行くときの参考にしてください。

スポンサーリンク

瀬戸内国際芸術祭で男木島へ(概要)

男木島のタイムテーブル

行った日 2019年5月 平日
メンバー 夫と2人
船の時間 高松港12:00発-男木島12:40着
男木島17:00発-高松港17:40着
島での滞在時間 約4時間20分
島での移動方法 徒歩
作品鑑賞 春会期に鑑賞できる作品を全部鑑賞(イベントを除く)

朝用事があったため、男木島へ行くときにいつも使う10時発のフェリーではなく、12時発の便で島へ渡ることにしました。

平日なので土日と比べると来島者が少なくて作品鑑賞の待ち時間がなかったので、12時の便でも全部の作品を見て回ることができました。

女木島・男木島への行き方。高松港の切符売り場と桟橋、フェリーの案内
女木島・男木島へ。高松港の切符売り場とフェリー乗り場を紹介しています。切符を買うときに気を付けたいポイントもありますよ。青い海に赤い船体が映えるめおんに乗って、女木島・男木島までの船旅をどうぞ。
男木島へ行こう!島内の回り方と観光情報
男木島の行き方、回り方、観光情報を紹介しています。 高松からフェリーで40分、小さい島だけど見どころがたくさん!瀬戸内国際芸術祭の情報もまとめていますよ。

お昼の便を使って男木島へ

瀬戸内国際芸術祭の3シーズン鑑賞パスポートには、高松港の無料駐車券のサービスがついています。ただし1冊のパスポートにつき2回まで。

全島へ行くことを目標にしているので、夫の分と合わせて4回分では全然足りません。

今回は高松港12:00発のフェリーを使うため、時間に余裕があったので近隣の有料駐車場に停めて港まで歩くことにしました。

料金は24時間以内400円です。

ミニッツパーク24h 浜ノ町第1 駐車場

お昼ごはんもお弁当を買ってめおんの中で食べました。
男木島へ着いたらすぐに作品鑑賞開始です。

男木島での作品鑑賞

男木島到着。
すっかり男木島の顔としてなじんだ【男木島の魂】がお出迎え。

男木島【男木島の魂】ジャウメ・プレンサ
01【男木島の魂】ジャウメ・プレンサ

港にはもう1つ、今回の新作【タコツボル】もあります。

個人的に、タコツボルを鑑賞するうえでの注意書き看板に描かれたタコのイラストがツボでした。かわゆい!

男木島【タコツボル】TEAM男気
02男木島【タコツボル】TEAM男気

男木島の路地へと入っていきます。
道幅が狭く、坂は急で、入り組んでいて、ちょっとした迷路のよう。

最初に着いたのはDREAM CAFE

男木島【The Space Flower・Dance・Ring】川島猛とドリームフレンズ
07【The Space Flower・Dance・Ring】川島猛とドリームフレンズ

DREAM CAFEの近くには【男木島 路地壁画プロジェクト wallalley】があります。これは路地を歩いているとあちこちにあるので、男木島散策の楽しみの一つにもなっています。

男木島【男木島 路地壁画プロジェクト wallalley】眞壁陸二
05【男木島 路地壁画プロジェクト wallalley】眞壁陸二

2016年からの継続展示、【アキノリウム】
入場制限のある作品です。

響き渡る竹の音色に癒されます。

男木島【アキノリウム】松本秋則
08【アキノリウム】松本秋則

こちらも入場制限があります、【SEA VINE -波打ち際にて-】
以前とは作品が入れ替わっていました。花の数が少なくなり、細い花びらの花等、より繊細になった感じ。

男木島【SEA VINE -波打ち際にて-】高橋治希
10【SEA VINE -波打ち際にて-】高橋治希

急な坂道を上って【自転-公転】へ。

男木島【自転-公転】リン・ティェンミャオ(林天苗)
12【自転-公転】リン・ティェンミャオ(林天苗)

暗闇の中に浮かび上がる思い出の記憶が美しい【記憶のボトル】

男木島【記憶のボトル】栗真由美
13【記憶のボトル】栗真由美

2010年からずっと展示している【漆の家】

男木島【漆の家】漆の家プロジェクト
14【漆の家】漆の家プロジェクト

【漆の家】では漆器の販売をしていたので、気に入るものがあればお土産にいいですね。ブローチを買いました。

男木島【漆の家】漆の家プロジェクト

時空がゆがんだような不思議な感覚に陥る【部屋の中の部屋】
座卓や座布団のある畳の面は壁です。

男木島【部屋の中の部屋】大岩オスカール
15【部屋の中の部屋】大岩オスカール

畳に座っているように見えるでしょうか?
実際は白い壁や床の間があるところが床なのです。

男木島【部屋の中の部屋】大岩オスカール

カフェメニューがあり、休憩ができる【オンバ・ファクトリー】。
機関車型やF1型といった新作もありました!

男木島【オンバ・ファクトリー】オンバ・ファクトリー
06【オンバ・ファクトリー】オンバ・ファクトリー

旧郵便局の建物を利用した【うちの海 うちの見】。入場制限があります。
プールを作って水を張っているのですが、墨を混ぜてあるのだそう。ただの水面と比べると、より暗く、漆黒感があります。

墨を使っているため不用意に触ると汚れてしまいます。要注意ですよ!

男木島【うちの海 うちの見】サラ・ヴェストファル
04【うちの海 うちの見】サラ・ヴェストファル

壁面いっぱいに描かれた花、【生成するウォールドローイング - 日本家屋のために】

男木島【生成するウォールドローイング - 日本家屋のために】村山悟郎
03【生成するウォールドローイング - 日本家屋のために】村山悟郎

学校の体育館に鮮やかなブルー。

男木島【青空を夢見て】レジーナ・シルベイラ
17【青空を夢見て】レジーナ・シルベイラ

男木島の集落から少し離れたところに展示している【歩く方舟】
青空の下で見るととてもきれい。

男木島【歩く方舟】山口啓介
16【歩く方舟】山口啓介

男木島図書館で一休み

春会期中に鑑賞できる作品を全部見て回り、足はくたくたに。
男木島図書館で休憩をすることにしました。

男木島図書館前広場のフリースペース「老人と海」では、オギケノヒがカフェをしています。

オギケノヒ

夕方だったので、カフェオレとドーナツを1つずつ注文しました。
飲食は外のテーブル席でも、図書館内でもできます。

オギケノヒのコーヒーとドーナツ

ドーナツはしっとりと重く、ハーブがアクセントになって素朴なおいしさでした。

図書館の本は自由に読むことができます。

男木島図書館

男木島で見残した作品

09【未知の作品2019】グレゴール・シュナイダー
11【Trieb - 家】遠藤利克

作品ナンバー9番と11番は夏会期からの公開なので、今回は鑑賞することができませんでした。
また男木島に再訪したいと思います。

瀬戸内の島の本

created by Rinker
マガジンハウス
¥2,391 (2020/11/30 03:41:01時点 Amazon調べ-詳細)

男木島関連記事

男木島関連記事一覧

男木島への行き方・回り方
男木島の観光
男木島の食事処、カフェ
瀬戸内国際芸術祭レポート

コメント