瀬戸内国際芸術祭2016|直島作品鑑賞レポート

瀬戸内国際芸術祭2016 直島レポート 直島

瀬戸内国際芸術祭2016の直島レポートです。

このページでは直島への船の時間、作品鑑賞の順番、食事、島であったことをまとめています。作品の感想よりも回った順番をメインに書いていますので、芸術祭で直島へ行くときの参考にしてください。

スポンサーリンク

瀬戸内国際芸術祭で直島へ(概要)

直島のタイムテーブル

行った日 2016年3月 平日
メンバー 夫と2人
船の時間 高松港8:12発-直島(宮浦港)9:02着[フェリー]
直島(宮浦港)17:00発-高松港18:00着[フェリー]
島での滞在時間 約8時間
島での移動方法 バスを利用
作品鑑賞 約半分の作品を鑑賞(イベントを除く)

人気の高い直島は、芸術祭期間中の土日は来島者がとても多いです。
平日なら少しはマシかも?と思い、休みを取って行ってみました。

直島への行き方(アクセス)|高松港のフェリーと高速船の乗り場の案内
島にアートが溶け込んでいる直島。 直島へはどうやって行くの? 切符はどこで買える? このページでは直島への行き方と高松港の切符売り場を紹介しています。
アートの島直島へ行こう!直島の回り方と観光情報
「アートの島」として世界的にも注目されている直島。 島を文化的な場所にしたいという当時の直島町長の思いと福武書店(現・ベネッセ)によって、1980年代後半からアートの島への道を歩んでいます。 このページでは直島島内の移動手段と観光情報をまとめています。

直島 午前中の作品鑑賞

土日よりは空いていましたが、それでもフェリーがガラガラということはありませんでした。

直島の宮浦港に着いて、まずは港周辺の作品鑑賞から開始。

直島【Bunraku Puppet】ジョゼ・デ・ギマランイス
203【Bunraku Puppet】ジョゼ・デ・ギマランイス
直島【直島パヴィリオン】藤本壮介
005直島【直島パヴィリオン】藤本壮介
202【海の駅「なおしま」】妹島和世+西沢立衛/SANAA
201【赤かぼちゃ】草間彌生
203【Bunraku Puppet】ジョゼ・デ・ギマランイス
005【直島パヴィリオン】藤本壮介
001【直島銭湯「I♥湯」】大竹伸朗

港周辺の作品を見て回った後、直島町営バスに乗って本村へ。時間は10時過ぎくらいでした。

本村では農協前でバスを降り、まず最初に整理券を入手するため【南寺】へ。11時の回の券をもらうことができました。

【南寺】から近い【ANDO MUSEUM】【角屋/Sea of Time’98ほか】を見て回りながら時間がくるのを待ちます。

【南寺】の鑑賞を終えた後は【直島ホール】へ。
新しくできただけあってきれいで木の良い香りがホールいっぱいに満たされています。平日だけあって人が少なく、ゆっくりと見て回れたのがうれしい。

直島【直島ホール】三分一博志
007【直島ホール】三分一博志
008【ANDO MUSEUM】安藤忠雄
009【角屋/Sea of Time’98ほか】宮島達男
011【南寺/バックサイド・オブ・ザ・ムーン】ジェームズ・タレル
007【直島ホール】三分一博志
014【はいしゃ/舌上夢/ボッコン覗】大竹伸朗
006【直島建築+The Naoshima Plan】

直島での昼食(ランチ)

ランチは行ってみたかったcafe中奥へ。

【直島】cafe salon 中奥(カフェサロン中奥)|古民家カフェでいただく絶品オムライス
直島の本村地区にある古民家カフェ、cafe salon 中奥(カフェサロン中奥)。 本村の中心部から少し離れた場所にある、隠れ家的なお店です。お店への行き方やメニュー、食べたものを紹介しています。

直島 午後の作品鑑賞

食事後はバスに乗って地中美術館へ。
バス停「農協前」から「つつじ荘」までは直島町営バス、「つつじ荘」からはベネッセの無料シャトルバスをつかいました。

アートの島直島へ行こう!直島の回り方と観光情報
「アートの島」として世界的にも注目されている直島。 島を文化的な場所にしたいという当時の直島町長の思いと福武書店(現・ベネッセ)によって、1980年代後半からアートの島への道を歩んでいます。 このページでは直島島内の移動手段と観光情報をまとめています。

地中美術館チケットセンターで入場整理券をもらいます。
チケットセンターに着いたのは13:30頃で、14:15からの入場の回になりました。

それまでの時間を利用して、【彼方の気配】【桜の迷】の鑑賞へ。

直島【桜の迷宮】安藤忠雄
020【桜の迷宮】安藤忠雄

【桜の迷宮】の近くに【もうひとつの再生 2005-N】がありました。芸術祭の作品ではありませんが、見たかった作品を見ることができてラッキー!

直島【もうひとつの再生 2005-N】三島喜美代
【もうひとつの再生 2005-N】三島喜美代

地中美術館を鑑賞した後は歩いて李禹煥美術館へ。
李禹煥美術館を見た後は、バスを乗り継いで宮浦港まで戻りました。

021【彼方の気配】戸髙千世子
020【桜の迷宮】安藤忠雄
019【地中美術館】
018【李禹煥美術館】アート:李禹煥/建築:安藤忠雄

宮浦港に戻ってきたのが16:20頃。
土日だとフェリーが混みあうことを考えて早めに乗船口に並んで待つのですが、平日なのでそこまで慌てなくてもいいだろうと思い、宮浦ギャラリー六区へ行きました。春会期なので展示してあったのは【生きている百物語】です。

直島 宮浦ギャラリー六区
002【生きている百物語】飯山由貴
002【生きている百物語】飯山由貴

直島で見残した作品

010【家プロジェクト 護王神社/アプロプリエイト プロポーション】杉本博司
012【家プロジェクト 碁会所】須田悦弘
013【家プロジェクト 石橋/空の庭/ザ・フォールズ】千住博
015【家プロジェクト きんざ/このことを】内藤礼
016【ベネッセハウスパーク】
017【ベネッスハウスミュージアム】

直島での滞在時間は約8時間。
1日で全作品を見て回るのは無理でした。
見残した作品は次回に・・・と思っていたのですが、会期中に直島へもう一度足を運ぶことができませんでした。残念!

瀬戸内の島の本

created by Rinker
マガジンハウス
¥1,300 (2020/10/01 08:25:01時点 Amazon調べ-詳細)

直島関連記事

直島の関連記事一覧

直島への行き方・回り方
直島の観光スポット
直島の食事処、カフェ

木の崎うどん(宮浦地区)

玄米心食あいすなお(本村地区)

Cafe Restaurant GARDEN(本村地区)

cafe salon 中奥(本村地区)

瀬戸内国際芸術祭レポート

直島2010【1回目】

直島2010【2回目】

直島2013【1回目】

直島2013【2回目】

直島2016【1回目】

コメント