瀬戸内の島を訪れてみませんか?
「せとうち島めぐり」では瀬戸の島々への行き方や島の回り方、
観光スポット、食事処、瀬戸内国際芸術祭を紹介しています。

高見島へ行こう!島内の回り方と観光情報

スポンサーリンク

青の山から望む高見島

多度津の沖合に浮かぶ高見島(たかみじま)

瀬戸内国際芸術祭の会場になっています。

平地が少なく、集落は斜面に張り付くように建てられているんですよ。
かつては除虫菊の栽培が盛んで、春には白い花が咲き乱れていたのだそう。

そんな高見島の回り方や観光ポイントをまとめてみました。

高見島への行き方はこちらのページをどうぞ。

高見島への行き方。多度津港の乗り場とフェリーを紹介

スポンサーリンク

高見島の回り方

高見島 細くて急な坂道の路地

高見島の散策は基本的に徒歩になります。

高見島は平野部が少なくて、集落は急な坂道や階段が続いているんですよ。

瀬戸内国際芸術祭で訪れた場合、集落内の空き家に作品を展示しているので写真のような道を歩き回ることになります。

靴は履きなれたものが無難ですよ。

高見島 細くて急な坂道の路地

高見島の施設、観光

大聖寺(だいしょうじ)

高見島 大聖寺(だいしょうじ)

弘法大師の開基(かいき)と伝えられている大聖寺。
鐘楼門にはお相撲さん?屋根を支えている像がありますよ。

天女の瓦

高見島 天女の瓦

天女の屋根瓦。
路地を歩いていると案内が出ていますよ。

高見島 天女の瓦

高見島関連記事

瀬戸内国際芸術祭の高見島レポートはこちらからどうぞ!
利用した船の時間、回った順番、食事をしたところを中心に書いています。
芸術祭で高見島を訪れるときの参考にしてください。

  • 瀬戸内国際芸術祭2013
  • 瀬戸内国際芸術祭2016

高見島の記事一覧

せとうち島めぐり
高見島
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
さえをフォローする
スポンサーリンク
せとうち島めぐり

コメント