瀬戸内の島を訪れてみませんか?
「せとうち島めぐり」では瀬戸の島々への行き方や島の回り方、
観光スポット、食事処、瀬戸内国際芸術祭を紹介しています。

大島へ行こう!大島への行き方と回り方

スポンサーリンク

大島

高松市庵治(あじ)の沖合、穏やかな瀬戸内海に浮かぶ大島

ここにはハンセン病の国立療養所 大島青松園があり、入所者の方たちが静かに暮らしを営んでいます。

松林に響き渡る波の音と吹き抜ける風が心地よく、瀬戸内国際芸術祭の会場にもなっていますよ。

このページでは大島への行き方と回り方をまとめてみました。

スポンサーリンク

大島への行き方(瀬戸内国際芸術祭のとき)

通常、大島へは官用船が運航しています。

瀬戸内国際芸術祭の2010年、2013年の時は官用船で島に渡ることができましたが、2016年は四国運輸局から官用船の使用にまったがかかり、チャーター船へ変更されました。

瀬戸内国際芸術祭2016の時の大島へのアクセス方法

高松港総合インフォメーションセンターで往復の乗船整理券を入手してください。整理券の配布時間は次の通りです。

  1. 09:20発の便→08:40~08:55に配布
  2. 11:40発の便→11:00~11:15に配布
  3. 14:05発の便→13:25~13:40に配布

瀬戸内国際芸術祭2016 大島の整理券配布時間

帰る便の時間は決まっています。1回の定員は24名

乗船整理券はこんな感じです。

瀬戸内国際芸術祭2016 大島行乗船整理券

瀬戸内国際芸術祭2016 大島行乗船整理券

高松港に帰ってきたときに返すようになります。間違って持って帰らないようにしてくださいね。

船の乗り場は4番乗り場です。(この紙はもらえます)

大島行チャーター船の乗り場案内

大島行の船

チャーター船は2船の海上タクシーでした。

瀬戸内国際芸術祭2016 大島行チャーター船

瀬戸内国際芸術祭2016 大島行チャーター船

 

参考までに官用船はこんな船。

大島行官用船 まつかぜ

 

並ぶとその大きさの違いがよくわかりますね。

大島行官用船とチャーター船

大島はこえび隊のガイドでまわる

国立療養所 大島青松園

 

大島に着くと大島案内所の前に集合。ここで大島を散策する際の注意事項を受けます。

国立療養所 大島青松園 案内所

 

こえび隊のガイドで島を回ります。

最初に必ず行くのが納骨堂。ここで島に眠る方たちに祈りを捧げます。

国立療養所 大島青松園 納骨堂

 

この後作品を展示してある場所に案内してくれて、解散になります。

帰りの船の出港10分前までに港に戻ってくださいね。

2016年は島で滞在できる時間が約90分と短いため、あちこち見て回ることは難しいかもしれません。

時間に余裕があれば「風の舞」まで足を運んでみてください。島のモニュメントです。

国立療養所 大島青松園 風の舞

 

解剖台」は作品を展示してあるエリアにあるので、すぐにわかると思います。実際に使われていたものだそうです。

国立療養所 大島青松園 解剖台

カフェ・シヨル(cafe SHIYORU)

大島で飲食ができる場所にカフェ・シヨル(cafe SHIYORU)があります。

瀬戸内国際芸術祭の期間中や大島でイベントがあるときにオープンしていますよ。
島でとれた野菜や果物を使ったドリンクやスイーツを楽しむことができます。

大島の憩いの空間 カフェ・シヨル(cafe SHIYORU)
カフェ・シヨル(cafe SHIYORU)は瀬戸内国際芸術祭2010の時に「やさしい美術プロジェクト」の作品として島に新しくできたカフェ。 大島産の新鮮な野菜や果物をふんだんに使ったドリンクやスイーツを楽しむことができます。 2016年10月に元の場所から「社会交流会館管理棟」へと移転しました。 このページでは移転前のカフェ・シヨルの様子とメニューを紹介しています。

大島関連記事

瀬戸内国際芸術祭の大島レポートはこちらからどうぞ!
利用した船の時間、回った順番、食事をしたところを中心に書いています。
芸術祭で大島を訪れるときの参考にしてください。

  • 瀬戸内国際芸術祭2010
  • 瀬戸内国際芸術祭2013
  • 瀬戸内国際芸術祭2016

大島の記事一覧

せとうち島めぐり
大島
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
さえをフォローする
スポンサーリンク
せとうち島めぐり

コメント