2018-09

粟島

粟島への行き方。須田港の切符売り場とフェリーの案内

藤井フミヤさんが「もう一度行きたい島」の1位に挙げたことで注目された粟島(あわしま)。 粟島へはどうやって行くの? 切符はどこで買える? このページでは粟島への行き方を紹介しています。
本島

本島への行き方。丸亀港の切符売り場と乗り場の案内

丸亀沖に浮かぶ、塩飽諸島の島の一つ本島(ほんじま)。 本島には昔ながらの町並みが残っています。 本島へはどうやって行くの? 切符はどこで買える? このページでは本島への行き方と丸亀港の切符売り場を紹介しています。
粟島

粟島へ行こう!回り方と観光情報

日本で最初の海員養成学校つくられた粟島(あわしま)。 外洋航路の船乗りたちが多く住んでいたからでしょうか、島の人たちは人懐こく、島に遊びに来た人たちを温かく迎え入れてくれます。 瀬戸内国際芸術祭の会場にもなっている粟島。 このページでは粟島の回り方と観光スポットを紹介しています。
高見島

高見島への行き方。多度津港の乗り場とフェリーを紹介

多度津の沖合に浮かぶ高見島(たかみじま)。 高見島へはどうやって行くの? 切符はどこで買える? このページでは豊島への行き方と多度津港の様子を紹介しています。
伊吹島

伊吹島への行き方。観音寺港から定期船で伊吹島へ!

イリコの島として知られている伊吹島(いぶきじま)。 伊吹島への行き方は? 港はどんなところ? このページでは伊吹島への行き方をまとめてみました。
伊吹島

伊吹島へ行こう!回り方と観光情報

「いりこの島」として知られている伊吹島(いぶきじま)。 伊吹島は漁場の真ん中に位置しているため、すぐに加工することができるので品質の良いいりこになるのだそう。 漁の最盛期には、いりこを茹でるにおいで島が包まれます。 瀬戸内国際芸術祭の会場にもなっている伊吹島の回り方と観光スポットをまとめました。
粟島

粟島 城山(じょうのやま)登山

粟島にある山の一つ、城山(じょうのやま)。 「頂上からの景色は素晴らしいですよ」という地元の方の言葉に誘われて、登ってみました。 このページでは登山道と頂上からの景色を紹介します。 お天気のいい日に登ると、素晴らしい景色に出会えますよ!
高見島

高見島へ行こう!島内の回り方と観光情報

多度津の沖合に浮かぶ高見島(たかみじま)。 瀬戸内国際芸術祭の会場になっています。 平地が少なく、集落は斜面に張り付くように建てられているんですよ。 かつては除虫菊の栽培が盛んで、春には白い花が咲き乱れていたのだそう。 そんな高見島の回り方や観光ポイントをまとめてみました。
小豆島

日本のエーゲ海、小豆島へ!小豆島への行き方を紹介【香川、岡山、兵庫】

オリーブの木々が塩風に揺れる小豆島。 小豆島へはどうやって行くの? 切符はどこで買える? このページでは小豆島への行き方と高松港の切符売り場を紹介しています。
小豆島

高松東港から小豆島へ!ジャンボフェリー高松乗り場の案内

小豆島への船の便はいくつかありますが、選択肢のひとつにジャンボフェリーがあります。 ジャンボフェリーは小豆島の坂手港を経由して、神戸まで運行しています。 坂手港にはヤノベケンジの「スター・アンガー」や、近くにはビートたけしXヤノベケンジの「アンガー・フロム・ザ・ボトム」がありますよ。 このページではジャンボフェリーの高松の乗り場を紹介しています。